職務経歴書〜就活攻略法

就職活動攻略法

■職務経歴書 書き方・ポイント

 

  職務経歴書を書く時に注意する点

  職務経歴書の書き方

職務経歴書には以下のようなことを書きます。

これらをわかりやすくまとめるために、まずは今までの自分のキャリアを整理しましょう。今までの経験、実績、得た能力などをリストアップするとわかりやすいです。書き出したメモから応募する会社に対してアピールになる物ものを選びましょう。

リストアップする内容の例

  • 職歴(勤務先の名称、規模、従業員数、業務内容、など)
  • 実績(関わったプロジェクトでの成果、具体的な数値での成績、など)
  • 身につけた知識、経験、など
  • 取得した資格、免許

次はそれらを見やすくわかりやすく表記しましょう。読む側がわかりやすい、一目でアピールポイントがわかるような、かつ自分の持っている技術、知識をアピールできるものにしましょう。

わかりやすくまとめる具体例

  • 表を用いてジャンル別にまとめる
  • キーワードを決めてそれを中心にまとめる

職務経歴書には『時系列タイプ』と『プロジェクトタイプ』の2種類の書き方があります。

時系列タイプ … 会社や配属先ごとに時系列でまとめる方法です。 一つの会社や配属先に長くいた場合などにオススメです。

プロジェクトタイプ … 業務内容やプロジェクトごとにまとめる方法です。 エンジニアや専門職など、プロジェクトごとに仕事を進める方にオススメです。

その他資格や免許、自己PR、志望動機などをわかりやすく、かつアピールできるようにレイアウトしていきましょう。

職務経歴書では文書作成能力が問われます。見やすいレイアウト、わかりやすい文章はどういうのか、というのを考えながら自分の職務経歴書を作っていきましょう。

 

  これはダメ!

職務経歴書は履歴書よりもさらに自分がどういう人間じゃ、この会社にはいりどういう事をしたいか、などをアピールできる書類です。どこの会社でも使い回せるような自己PR、志望動機ではどんなに綺麗なレイアウトで作成できても効果は半減してしまいます。自分の特技をどのように活かせるか、どういったことを自分はやっていきたいのか、応募する会社をよく調べニーズにあった物を考えましょう。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2018/4/6

Copyright(C) 就職活動応援サイトFIND a JOB All rights reserved.